【FX】6/15 注目通貨とトレードポイント

こんにちは。Jです。

昨日はFOMC前に発表された
米指標(消費者物価指数、小売売上高)が予想を大きく下振れ急落。

今後の利上げに影響を与えるとの見方が少なくありませんでしたが、
FOMCの発表は市場予想通り利上げを実施した他、
“年内あと1回の利上げ”や”2018年度も3回の利上げ”見通しを維持。

また、年内バランスシート縮小にも触れ、
具体的な内容が発表されました。

さらに、イエレン議長は急落の引き金となった
消費者物価指数の弱さを”一時的”と示し、強気な姿勢(タカ派)

この結果、ドルは一気に買い戻される事となり、
108.80の安値から109.86と約100pips急反発する場面もありました。

週末に長期分析レポート(メルマガ限定)を更新致しますので、
今後の動向につきましてはそちらもご参考頂けたらと思いますが、
目先の相場はどう見ていくのか?

ドル円は109円台で膠着していますので今は様子見姿勢ですが、
通貨の中では、豪雇用統計によって豪ドルの買いが目立っていますので、
豪ドル円、豪ドル米ドルの解説をさせて頂きます。

12時1分頃にメルマガをお送り致しましたので、一つの見方として参考になれば幸いです。
それでは、本日もよろしくお願い致します。

無料メールマガジンの登録について

注目通貨ペアとトレードポイントを毎日配信。
また、メルマガ限定の記事も閲覧できるようになります(パスワードを送信致します)
さらに、ドル円の長期分析レポートを配信中(9月23日更新版)
少しでも参考になれば幸いです。

※メールが受信できない場合はこちらをご確認下さい。

最後に、ブログランキングの投票ボタンをクリック頂けますと幸いです↓
 

This entry was posted in 相場解説, 豪ドル/円, 豪ドル米ドル and tagged , , , , , , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。