チャートの設定方法

私のチャート設定は以下の通りです。

※設定方法は、GMOクリック証券のプラチナチャート+を基に解説しています。

【ステップ1】ログイン後、「プラチナチャート+」をクリック



【ステップ2】チャートが開いたら「テクニカル」→「指標設定」をクリック。

【ステップ3】単純移動平均線の数値を設定します。

【ステップ4】ジグザグチャートの数値を設定します。

【ステップ5】一目均衡表の設定をします。

【ステップ6】RCIの数値を設定。その後「確定」をクリックします。

【ステップ7】再度「テクニカル」をクリックし、テクニカル指標を選択。OKをクリックします。

【ステップ8】チャートにテクニカル設定が反映されます。

【ステップ9】見やすいようにチャート画面などレイアウトの変更を行います。

【ステップ10】「画面保存」→「お気に入りの追加」をクリック。
好きな名前を入力し「保存」をクリックします。

以上でチャートの設定は完了です。

他にも線の色や太さを変更したり、ラインを描画するなど、
様々な活用方法がありますので、詳しくはマニュアルよりご確認下さい。

⇒ プラチナチャート+操作マニュアル

このように、GMOクリック証券のプラチナチャート+
画面が見やすく使いやすいのでオススメです。

⇒ GMOクリック証券のサイトはこちら

This entry was posted in はじめての方へ, チャートの設定方法 and tagged , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

6 Responses to チャートの設定方法

  1. 忍者 says:

    Jさん、ご無沙汰しております 忍者デス。
    まだまだ、勝ったり、負けたりとなかなか
    抜けだせないでいます。

    忍者もクリック証券をメインにトレードさせてもらっている
    一人ですが、
    アラートをメールでお知らせしてくれる機能は
    ありませんよね。
    例えば、ユーロ円で107.10
    又は、105.90に一度でも到達したら
    お知らせメールが来るとか…

    チャートを張りついて見ている訳では
    ないのでこんな機能があると便利なんで
    すが、もちろんクリック証券さんにあれば
    ありがたいですが…
    Jさん、何処かありましたら教えてください。
    宜しくお願いします。

    いつもありがとーございます。

    • J氏 says:

      忍者さん

      ご無沙汰しております。コメントありがとうございます。

      確かにGMOクリック証券では、音で知らせてくれる機能があっても
      メールで知らせてくれる機能はないですね。。

      ただ、デモ口座の約定メール機能を使うことで
      代用することができます。

      デモ口座のトレード(約定)を
      プライスアラート代わりに使うということですね。

      ただ、デモ口座の期限が1ヶ月という点と、
      再度登録する場合にニックネームを変える必要がありますので
      この点が少し面倒かと思います。

      あとは、他のFX会社でプライスアラートを行っている会社はありますし、
      MT4でも可能ですので、この辺はまた改めてメルマガで解説することにしますね。

  2. ponta says:

    僕は以前よりGMOのはっちゅう君を使っていますが、エントリーの時は問題ないのですが決済の時に時々固まってしまう事があって決済の所をクリックしても無反応になってしまいます。何故なのでしょうか

    • J氏 says:

      ponta様

      コメント頂きありがとうございます。
      固まってしまう事に関しましては、GMO側のシステム環境による事もありますが、
      お使いのPCやネットの回線環境によっても重くなる事があるので、
      pontaさんの仰っている内容では、「これ」という判断ができません・・・
      ひとまず、pontaさんのPC環境を見直してみてはいかがでしょうか?

      例えば、はっちゅう君を起動している際に他のソフトは起動しない。(常駐系も無駄なものは終了する)
      ネット環境を無線で行っているなら有線にしてみる。
      はっちゅう君を「新規注文」からではなく「スピード注文」で注文してみる。など。

      GMOクリック証券にも直接電話して聞いてみると他にもいろいろ提案してもらえるかもしれませんので、
      電話してみるという手もあると思います。

      以上、ご参考頂けますと幸いです。

  3. tk says:

    Jさんはこのチャートで時間足は何足で見ていますか?合う時間足、不向きな時間足はありますか?

    • J氏 says:

      tk様

      コメント頂きありがとうございます。Jです。

      時間足は主に日足、4時間足、1時間足が多いですが、
      合う時間帯や不向きな時間帯はトレードスタイルによって変わります。

      例えば、スイングでは日足や4時間足などでトレンドを確認してトレード判断する事がございますが、
      デイやスキャルピングの場合では、1時間以下(30分、15分、5分など)で目先のトレンドを見て判断する事となります。

      また、個人的に明らかに不向きな時間帯と判断する時はございませんが、
      指標発表が集中する(アップダウンの激しい)夜間よりは日中の方が落ち着いて取引を行えると感じています。

      以上、ご参考頂けますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。